• ドアポストへのポスティング

    ドアポストへのポスティングは反響が出る

    ドアポストへのポスティングについて、ご説明いたします。集合住宅や一般の戸建ての 住宅などのドアに付属されているポストへの配布を行うことを、ドアポスト配布といっている のです。住人の各家の扉にポスティングするので、ダイレクトな情報を伝えるという強みに なるのですが、オートロックを超える事が出来ないといったこともあります。 そういった際には、その住宅のシステムにそって行わなければなりません。 そして、ドアポスト配布は、家の近くまで侵入するので、チラシの保有率がとても高くなる ポスティングの方法ともなっているのです。

    例を挙げれば、公団住宅といった場所で、良く目にする5階建ては各フロアーに2戸の建物が 1戸ずつ階段を上り下りしながら、確実に登っていくと、玄関先にある集合ポストとは異なり、 着眼率と保有率もぐんとあがるといえるのです。ですが、首都圏の一部地域や、 オートロックの建物やドアポストを完備していない建物での、配布は不可能です。 ドアポストの配布は、建物の中に入らなければ、格戸にポスティングする事が不可能で、 管理者への確認が日丁不可欠になって来るのです。更に、オートロックなどの建造物であれば、 セキュリティーの意識がとても高くなるので、進入や配布を行ってはいけないことに なっています。

    更に、集合ポストと比較すると、格戸に配布するので、いたずらや盗難の危険性が下がる 事により、チラシであっても丁期間の保存を狙い、時間と費用をかけ作成した試供品や、 子冊コ、パンフレットといったものを配布するには、とても効果的な方法となっていることを 覚えておきましょう。

    ドアポストへのポスティング
メインコンテンツ

時間とコスト




そして、ドアポストの配布を行うのであれば、時間とコストが 必要になります。集合ポストへの配布と比較して、作業の効率がとても悪いので、 配布を終わらせるには、時間が必要となってしまうのです。なので万が一、ドアポストの 配布を請け負ってくれるポスティング会社があったとしても通常より割高なコストは 覚悟しておかなければなりません。


ですが、集合ポストの情報量に対して、絶対量が少なくなっているので、配布される枚数が 少ないでの、反響も期待できるのです 。そして、絶対に個人のドアポストの中に配布される ポスティング方法となっているので、その家 に住んでいる人が、家の中に持って入り、 必要か不必要かを確認したりする際に、集合ポストよりも消費者の目にとま る確立は、 とても高いものとなっているのです。このことはちょっとしたマメ知識になりますが、自社などで ポスティングを依頼する際などにこのことを知っておくと効率が高まります。