• デメリット

    それぞれの条件に適したデメリット

    ポスティング会社のデメリットについて、ご紹介します。ポスティングは、狙いを定めた 地区へ満遍なく配布できるといった利点を兼ね備えている物となっています。ですが、 それ相応の問題点が出てくるのです。例を挙げれば、新聞の折込で広告を行うのであれば、 ポストの持ち主が契約し、料金を払っているのでポストの中に入れる事は可能なのですが、 チラシはゴミだと考えている人も中にはいて、「チラシ投入禁止」といった張り紙を ポストにしている人もいます。

    もしも、そのような家にポスティングを誤って行うと、下手をすると チラシを入れないで下さいと依頼主へクレームの電話が入り、依頼者からポスティング会社へのクレームと発展してしまいます。そのようにチラシを入れられる消費者に、依頼者の会社の良いイメージをつけられないと、大きなデメリットになってしまうのです。 なので、会社の立場を考えた上で無理なポスティングは行わないといった考え方が とても大切になってくるのです。

    更に、セキュリティーが高いマンションの場合、新聞屋は同道とエントランスのポストまで 新聞を届ける事が出来ますが、ポスティングのアルバイトを行っている最中に、 管理人によりチラシを入れないでと注意されてしまうこともあるのです。 更に、もう1つのデメリットは、アルバイトの人が1人で担当し、地区への配布を行うことが あるので、目が届かないといった点があります。というのは、実際にポスティングを 行っているかどうかを、目で確認する事が難しいということになります。

    デメリット
メインコンテンツ

信頼が置ける人

 

このようなことは、面接した地点で、信頼が置ける人であるのかどうかをきちんと判断し、 あなたの直感を信じるしかないのです。通常は、人は相手から信じられれば裏切りにくく なりますが、その中でもその信頼を裏切るような人が存在しているのも、悲しいですが 事実なのです。そのような悪い例をご紹介します。


これは、私の同級生の知人の話しなのですが、学生時代にポスティングのアルバイトを 行っていたのですが、上には仕事中と報告しているのに、実際には自宅で遊んでいた ということがありました。このケースは、結局配布したと報告した地域に偶然にも社員の人が 住んでいて配布していないことがばれ辞めたのですが、たまたま分かったのでよかったの ですが、実際には1人1人のスタッフに目が行き届かないといった点もデメリット の 1つとなるでしょう。ですが、全てが全てそうという訳ではないので、安心してください。 会社によっては一人一人の行動をしっかりと把握し、業務効率をしっかりあげているところもあるのです。