• 同時配布

    同時配布は大幅なコストカットを狙える

    併せ配布と合配布について、ご紹介いたします。同時配布と は、他社のチラシと一緒にチラシを配布するシステムで、他のチラシと併せる、合わせるといった 意味から併配や、合配と呼ばれます。そして、ポスティング会社から 見てみ ると1度の数枚のチラシを配布することができるので、格種類1枚ずつのコストをリーズナブルに設定することができ、 仕事の依頼がきやすく、依頼する側もリーズナブルで手軽なポスティングができることから、 このスタイルを 採用している会社が多くあります。ただ、広告する際に、一番基本的なルールとなっている、 視認性や着眼率は、同時にポスティングされるチラシの枚数分、悪くなるというデメリットもあります。

    そして、同様に多くの枚数が配られるので、その地区に住んでいる人は、迷惑だと 感じている人が増えていることも事実で、都内では、このようなポスティング会社の配布を 拒絶している集合住宅が増加しているのです。更に、地域の情報誌などのポスティング専用 新聞に折り込まれることもありますが、この際にはチラシが目に見える場所にないので、 表紙にインパクトがなければなりません。

    愛読者が多い人気の情報誌などであれば、チラシにも目が行くかもしれませんが、 興味がないものは中まで見ないと思うので、どれほど特をするチラシの内容をデザインした としても、気付かれることなくゴミ箱に捨てられてしまうことが多くあるようです。 この同時配布は、かなりリーズナブルでコストカットには効果があるのです。

    同時配布
メインコンテンツ

イメージが異なる


ですがポスティング会社や、チラシのデザインなどによりイメージが異なることがあるので、 確認が必要になるでしょう。同時配布のメリットですが、配布の単価を安く設定出来る といった点ではないでしょうか。1つのポストに複数のチラシを入れる事により、 配布単価を安くすることが可能なので、費用的な面では、とても負担が少ないのです。


更に、ポスティング会社側も枚数が集まっていれば、配布するスタッフに支払う単価を 安くする事が出来るので、安い単価設定といった面でもとても注目されています。 なので、配布を希望する地区で、
多少でもコストを削った上で、新聞折込よりもポスティングを 行いたいというニーズを持っている人には、1番適切な方法となっているのではないでしょうか。
更に、実際にこのような合同配布であっても、新聞の折込から反響が出ている地域もあり、 効果を測定しながらチラシのデザインを考えることにより、反響がとても上がったという 実例もあるので、同時配布は効果がないと決め付けれる訳ではないのです。ですので、実際にやってみないとわからない点もありますが、プロに参考例などを聞いてみるとよいでしょう。